ガンジス川を渡る

ganges

昨日知り合った人達に、対岸で「たこあげ」をしませんか?と誘われたので、行くことにした。
渡し船でガンジス川の向こう側へ行くという。
運賃は私を含め5人で割り勘なので、格安だった(メモってなかったので詳しい値段不明)。

ガンジス川の対岸は危険だって言われたけど、実際に行ってみると他にも観光客が舟で渡って来ていたので危険な感じはしなかった。
昼間だったしね。

対岸で凧揚げをしているのを横目で見ながら、砂浜の様な川岸をブラブラしてみた。
(私はケチって凧を買わなかったのでブラブラするしかなかった)
ガンジス川はとても騒がしかったが、コチラ側はすご〜く静か。
川の音が心地よい。
ザブーンザブ〜〜ンとα波が出ている感じ。

のんびりボーッとする時間を過ごして元のガート側に戻った。

外こもり人の収入

バラナシには長期滞在(いわゆる沈没)している日本人が多かった。
みんな、お金はどうしてるんだろう??
日本で短期のバイトをして溜めて来る人もいたが、インドにいながら収入を得ている人も数人いた。
どうやって収入を得ているかというと・・

インドの雑貨(これは人によってさまざまだった)をネット通販(というか主にヤフオク)で売って稼いでるらしい。
送料とかどうしてるんだ??って思ったけど、普通郵便ならそんなにかからないらしい。
詳しくは聞かなかったけど、どうやらその収入だけでインドで暮らすには充分なんだそうだ。
何の目的も無しに毎日フラフラしているのかと思ったら、ちゃっかり生活費は稼いでいたようだ。

あと、気になることを聞いた。
インドから荷物を送る場合は白い布に包まなければならないとか言っていた。
なんだかよくわからない習慣だ。

矢印インド旅行記29日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ