体調は最悪・・ポカリ粉は絶対必要

ガンジス川

経口なんとか液はマズい


ずっと、熱っぽくてお腹を壊しているので、水分補給をしなくてはならない。
こんな時はポカリが良いんだけど、そんな高級品は持って来ていないので、地球の歩き方に載っていた「ORS(経口補水塩)」を薬局で購入して飲むことに。
これが激マズ!!!
ポカリっぽい味ではあるんだけど、私には無理な味で・・結局スプライトとかの甘い炭酸を飲んで水分補給してた。
食べ物もろくに食べれないので、ポテトチップスを寝袋の中でかじっていた。

ポカリスエット 粉末

ポカリスエット 粉末(楽天市場)

そんな時に、一緒のドミ部屋に泊まっていた日本人の大介君がポカリの粉正露丸をくれた。
見た目は青ヒゲでホモっぽかったけど、その時は天使に見えた。
ありがたや、ありがたや〜

さっそくミネラルウォーターにポカリ粉を溶かして、ゴクゴク飲んだ。
ついでに、くっさい正露丸も飲んだ。

ポカリってこんなに美味しかったんだ・・下痢で失われた水分が補給されているのを感じた。
正露丸も飲んだし、これで睡眠をとれば回復するんじゃないか・・
と思い、隣の韓国人に耳栓を借りて寝袋にもぐり寝た。

ドミトリーは限界→個室へ移動

しかし、まったく体調は回復しなかった。
夜中にゲロまで吐いてしまった。
どうやら正露丸をまるごと吐いてしまったようだ。

このままじゃ、マズいかも・・
とりあえず、普通のベッドで眠りたい。
久美子さんに空いている部屋はないかと聞くと、運良く個室が空いた所だった!!
個室はドミトリー(60ルピー)の5倍の値段だが、仕方ない。

個室に移動して、早速ベッドに入って眠る。
快眠できた。

そして、思い出す。
ボヤッキーと日程が会えば、バラナシで会おう!と言っていたのだ。
数日前にメール(SMS)を貰ったが、そろそろボヤッキーがバラナシに来るはずだ。
久美子ハウスに移動するというところまではメールで伝えていたが、体調が悪くメールできずにいた。

それにしても、久々に居心地の良い宿だ。
あいかわらずトイレ・シャワーは共同だけど、部屋の窓を開ければガンジス川が見えて、とっても幻想的。

矢印インド旅行記26日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ