デリーのメインバザール@3回目

チベットの旗

チベット人の多く住むダラムサラの滞在を終えて、デリーに帰って来た。
さて、どこに泊まろう・・
ナブランはもうやだし、どうせ最後の1泊なんだからちょっといい所に泊まろうかな。
と思い、早朝のメインバザールを1人でホテル探し。

ニューデリーの駅に近い所に、ちょっと良さそうなホテルを発見。
看板に値段も出ていたので安心だ。
シングルで1泊900ルピー。
最後の宿にするにはいいかもしれない。

フロントで空いている部屋はないかを訪ねると、もちろんあった。
おまけに早朝なのに1泊800ルピーにまけてくれた。ラッキー。
部屋は安宿ではなく、普通のホテル風。

ニセモノの服を買いあさる

最後なので余ったルピーで買い物をしようと思い、コンノートプレイスの方まで行って買い物をした。
コンノートプレイスから少し歩いた所に地元の人が良く買いにくるというマーケットがあるのだ。
そこにはZARAやH&Mなどの服がたくさん並んでる・・。
それも3、400ルピーで。

誰に聞いても「本物だ!」というが、怪しい。
私の考えでは、確かにその辺のブランドの物って、インドの工場で実際に作られているものが結構ある。
だから工場にある型紙が流出してて、同じ様に作ってタグまで付けちゃってるんじゃないか・・?
真相はわからないけれど、せっかく安いし可愛いので余ったルピーで何着も買ってしまった。

それらをバックパックに詰め込んで帰国する支度を整えた。

矢印インド旅行記52日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ