ヒンズー寺院で温泉に入る!

マクロードガンジ

大介君がどこからか情報を仕入れて来た。
「ここから車で1時間くらい行った所に温泉があるらしいですよ。」

私とエケ子はもちろん
「温泉?!!!!行きたい。」

となり、車を手配して温泉に行く事になった。
インドに来て温泉に入れるなんて♪早く暖まりたいな〜♪
と過剰な期待をして温泉へ・・

マクロードガンジから車で1時間くらい行った所にヒンズー寺院があって、そこに温泉があるのだそう。
もちろん外国なので、日本の様に裸になって入る事はできない。
私たちは温泉に入る様の服を持って向かった。

温泉を追い出される・・

ヒンズー寺院で温泉

ヒンズー寺院に着くと早速温泉に向かった。
服は来たまま入るけど、一応男女で別れてます。
温泉という雰囲気では全く無かったが、それでもチベット人の女の子達が楽しそうにお湯に入っている。
泥みたいな色をしていたので最初は戸惑ったが、思い切って入ってみた。
生まれて初めて服を来たままお湯にはいった感想は・・なんか変な感じだった。
お湯も思ったよりも冷めていてぬるい。
ただ、こんな雰囲気はなかなか味わう事ができないので、それなりに楽しかった。

あんまりお湯が温いから、こりゃ長く入っても温まらないな、と思い、早めに髪の毛を洗って出よう・・と思った時。
急に棒を持ったインド人の男が怒鳴りながら入って来た。
そして「出て行け!!!」みたいなことを叫んでいる。
チベット人たちが、しぶしぶ外に出て行く。
え?エ?なにこれ??と思って呆然としていると、そのおっさんは私たちにも「出て行け」と言って来る。
意味が分からずに外に出ると、そこにはインド人の女性が数人待っていた。

どうやらインド人達を優先的に温泉に入れる為に、寺の管理人らしきインド人が棒を持ってチベット人と私たち外国人を追い出したのだ。

何これ!すげームカツク。

怒りがおさまらずに大介君にその事を話すと、彼は棒を持ったおっさんに話を聞きに言った。
こういう時に英語が達者だといいな〜と思う。
すると「追い出していないって言ってますけど・・」なんて言うので
「嘘だ!追い出されたよ私。棒持って外国人旅行者を追い出したじゃん!インド人てヒドいね〜世界中に言いふらしてやるって伝えてよ」
と通訳を頼む。
すると、長く話し合った結果
「なんか、髪の毛洗ってませんでした?それを注意しただけだっていってるんですけど・・ソーリィーって言ってるし、入っても良いよって言ってますよ。どうします?もっかい入ります?」
と。
確かに髪の毛洗おうとしてたけど洗ってないし・・まぁ、洗ってるチベット人いたけど・・ダメだったの??
でも注意しに来た感じじゃなかったけどな。
「髪洗ってないし、もう寒いし、また追い出されるの怖いし入らないって言っといて。」

ヒンズー寺院に外国人がいるのが気に食わなかったのかな。
とにかく、髪の毛だけでもどっかで洗って帰りたいな〜と思っいながら、近くの水道でシャンプーしようとした。
すると、チベット人のおばちゃんが笑いながら手招きしてきた。
近づくと大きな井戸の近くで、ここに頭出しなさい^^とジェスチャーしている。
言われた通りに頭を出すと、上からバサーっと暖かいお湯がかかる!
チベット人のおばちゃんが温泉水が出るレバーを引いてお湯を出してくれたのだ。

あったか〜

チベット人達は、いきなり温泉から追い出されても誰も怒ったりしないで笑顔だった。
差別に慣れている?とも思ったけど、きっとチベット人はそんな程度のことじゃ怒らない人達なんだろう。
一緒にいるだけで心が平和になる。

矢印インド旅行記44日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ