アウランガバード駅からエローラへ

インド旅行記

友人とのお別れ

次の目的地はエローラ遺跡だった。
エローラ行きの切符を買いに行くときのことだった。

急にドラちゃんが、
「俺もっとフレンドと触れ合いたい!もう一度南に行ってフレンドと触れ合ってくるわ」

と言い出す。
フレンドって言うのは、インド人のこと(笑)
もっと現地の人と交流をしたくなったというのだ。

さらに「南の海沿いでは楽しいパーティーをしているらしいので、そこに行く」と言う。
もともとドラちゃんは、そういった遊びが好きなので仕方がない。

せっかくのインド旅行なんだから自分の行きたい所に行くべきだ!!
私自身もそう思う様になって来た。

とりあえず、ドラちゃんとはムンバイでお別れして私はボヤッキーと共にエローラ遺跡に向かうことになった。

インドの列車チケット

ムンバイのような大きな駅では、割と簡単に鉄道チケットを買うことが出来た。
外国人用の窓口がしっかりとあり、そこで一発で買うことが出来たのだ。
ムンバイからエローラまでは近かったので、普通の安い座る席のチケットをとった。

indianstation

そして、ギュウギュウの列車に乗って私とボヤッキーはエローラへと向かった。
ここでドラちゃんとはお別れ・・
まだまだ旅は長いので、途中でまた会えるだろう、とこの時は思っていた。

エローラのあるアウランガバード駅

エローラの遺跡の最寄り駅はアウランガバード駅。
このあたりは似たような名前が多くて難しい。

しかし、私自身はまったくエローラについて知らないのだが、インドではとっても有名な所らしい。
私は「エローラって、なんだかエロティックな響きだなぁ〜」くらいしか思っていなかった。

矢印インド旅行記12日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ