そして首都デリーへ列車で向かう&またボラれる

インド旅行記_インドの駅
     
ジャイプル駅から鉄道でニューデリー駅まで向かう。
朝出発の昼到着なので、安心して乗車。

<数時間後>

ボーっと乗っているとたくさんの人が降りる駅があった。
ここはどこの駅?と聞くと「さあ」と言われる。
(私の経験では基本的に、インド人はあまり他人に親切ではない。
逆に親切にしてくれる人は下心がある人なので、親切でない人の方が安心かもしれない。)
誰に聞いても「知らない」と言われる。
     
私は急に不安になった。
てっきり私はニューデリーが終点だと思って乗っていた。
だってニューデリーは首都だし・・
しかし、この考えだと日本の電車はすべて東京が終点になってしまうということに気がつき、ニューデリー終点じゃないかも・・と焦る。

が、もうどうにでもなれと思いそのまま座り続けていると、また駅に止まりそうになっていたので、しつこくまわりのインド人に「この駅はどこ??デリー駅??」と聞くと「・・イエス」とだけ言われる。
また適当な答え方だったが、もう降りちゃえ!!って勢いで電車を降りる。
すると。
そこはニューデリー駅ではなく、オールドデリー駅だった。
(ニューデリー駅はひとつ前の、人がたくさん降りた駅だった。)
     
惜しい!!
     
しかし、そこまでニューデリー駅まで遠くもないだろうと思いバスを探すことに。
ちなみに私がなぜニューデリー駅に行きたいかというと、ボヤッキーの持っていた地球の歩き方で見つけた安宿の地図をノートに手書きで写していたのだが、それがニューデリー駅基準だったので、どうしてもニューデリー駅に出たかったのだ。
ニューデリー駅からメインバザールという有名な通りを見つけて、ナブランという宿にたどりつきたかったのだ。

またまたリキシャにボラれた私

歯が出た変な動物

ニューデリーまで行けるバスを待っていると、オートリキシャのおっさんが声をかけてくる。
「どこいくの?」「ニューデリー」「バスなら来ないぞ!150でどうだ」と言ってくる。
距離は知らなかったけど高いのはわかったし、バスが来ない意味がわからなかった。
無視しいていると「今日は○○の日だからバスはここに来ない!150でOK」と言われる。
確かにバスがなかなか来ない。(あとで知ったが、その何たらの日っていうのは本当で、バスの止まる位置などが微妙に違っていたらしい)
背負った荷物も重いし、100くらいにまけてくれたらリキシャで行こうかな~と思い。
「100ルピー!!」というと、おっさんニヤリとして「OK!カム!!」とあっさりOK。

そして100ルピーをなぜか前払い。
もしかして100は高かった??と思いながらも、おっさんのリキシャに乗るが、出発しない→おっさん消える。
そしてしばらくして、見知らぬインド人2名を連れてリキシャに乗り込み出発。
なんと、乗り合いのリキシャだった。

これで100は高いよな・・しかも近そうだし・・と思って隣に乗ったインド人に聞いてみる。
彼は割としっかりとした身なりの好青年で、エンジニアをしていると言う。

「ニューデリーってここから近い?」
「近いよ」

やっぱしね。

「100ルピーって高くない?」
「あ・・」

と言ったきり黙られる。
やっぱり、私ボラれてるんだ。
ま、仕方ないか。
     
と思ったら、わけのわからないところで「降りろ!」と言われる。

「え?ここがニューデリー??」「そうだ。」
と言われるが、視界に駅らしきものは見えない。

すかさず、エンジニアの青年に「本当にここニューデリー駅??」と聞くと「え?駅?駅はまだこの先の・・」と言ったところで運転手は面倒くさそうに「駅だ!!」と早く降りろって感じで叫んでいる。
えーーー絶対駅じゃない。
「駅に行くって言ったから100も払ったんだ!金返せ!!」というと「だからここは駅だ!」と言って強引に私を降ろし出発(泣)。
エンジニアの青年が、悲しそうな目で私を見ていたが、そのままリキシャは去っていった・・。
     
あーまた、やられた。

ポツン・・。

矢印インド旅行記16日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ