インド旅行初日:深夜のムンバイ空港に到着

ムンバイ楼着

私は成田から香港を経由してムンバイ空港に向かった。
(経由便の為、途中の香港では5時間近くも時間を潰さなくてはならず・・辛かった。)
香港までは余裕だった。

それが、香港からムンバイ行きの飛行機に乗った瞬間・・あの独特なインド人の視線に私はちょっとビクビクしていた。
なぜ彼らはあんなにまっすぐに人を見れるのだろうか。
ギンッ!という効果音が聞こえるくらいにガン見される。
飛行機の中でこんなに見られてるんだから、インドに到着したらどうなるんだろう・・。
そして、やたらと男が多い気がする。
機内食も早速カレー味だ。
インドに着く前からインド疲れしそうなほどインドだ。

香港で乗り継ぎ
香港の空港はキレイだった

インド到着は深夜の便が多い

到着は深夜1時半の予定が1時間遅れて深夜の2時半!!
予定では先に到着してホテルに行っているドラちゃんが、ホテルの送迎の人と一緒に空港まで迎えに来ているはず。
けど1時間も遅れちゃって、待っててくれてるかな??

そう、初日だけは不安だからということで、高いホテルをインターネットで予約し、空港までの送迎も頼んでおいたのだ。
(高いホテルといっても3500円程度。)
なんだかんだで初心者だからね。
インド初心者は初日は送迎付きのホテルをとったっておいた方が良いって、インドガイドみたいなサイトに書いてあったのだ。

どうにか空港を出てドラちゃん&送迎の人を探す。
しかし、深夜の3時近くなのにムンバイ空港は凄い人だ。
体の大きなインド人だらけで、不安になりながらも、どうにかドラちゃんを見つけ出す事ができた!!

私「よかった〜見つかって^^で、送迎の車は?」
ドラ「送迎なんてない」
私「え?あ、あれ?その荷物・・ホテル行ってないの??」
ドラ「行っとらん。俺の時も送迎来てなくて、歩いて行こうとしたら迷って、空港引き返した!」

おおっと・・色々不安な事言ってくれるぜ。
私が到着するまで10時間以上はあっただろう??
とにかく、予約していたホテルからは送迎が来ていないらしいので、自力でたどり着かなくてはならない。

インドでは、よっぽど高いところを予約しない限り、送迎なんて無いと思った方がいいらしい。
じゃあ送迎有りとか書かないで欲しい。
そもそも、英語のサイトだったから、私たちの英語が通じなかっただけかもしれないが、送迎有りにチェックを入れて、メッセージ欄にも飛行機の到着時間など書いたのに・・

私たちは空港に止まっているタクシーに値段を交渉してホテルまで連れて行ってもらう事にした。
ちなみに、この値段交渉もタクシーによって値段がバラバラで・・というか全体的にバカ高くて苦労した。
しかし、疲れていた私たちは少し高めでも乗る事にした。

そんなこんなで、どうにかたどり着いたホテルは3500円にしてはボロボロだったが、フロントに文句を言う気力もなく、すぐに眠りに落ちた。
ちなみにドラちゃんは到着後に、屋台で食べたハンバーガーがさっそく大当たりで、ずっとトイレだったそうだ。

矢印インド旅行記2日目へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ