インドのトイレ

気になるインドのトイレですが・・
インドのトイレは、ホテルやレストランなどでは洋式タイプですが、ローカルな場所では和式(っていうのか?)タイプです。

列車のトイレ

インドの鉄道の垂れ流しトイレ

列車のトイレはこんな感じ。
なんと便器の下に穴が空いていて・・つまり線路上に垂れ流しスタイルです。

便を溜めておかないシステムなので、割と清潔というか臭わない。
列車のトイレはお尻で風を感じられるし、想像よりも快適なのです。

sponsored link

紙の代わりに手で拭くのか

基本的にどこのトイレもトイレットペーパーなどの備えは無いです。(外国人用のカフェやホテルは別。)
だからといって手で拭くわけではなく、水でお尻を洗います。

トイレに手桶

だいたい、代わりに手桶みたいのが置いてあります。

トイレに蛇口

そして、手桶に水を汲む蛇口がついてます。(バケツに水を溜めて汲む場合もある。)
トイレの後インド人は、この手桶に水を汲み、左手を使って上手に洗います。

普段トイレットペーパーを使っている外国人には、ちょっと抵抗があります。
しかし、この壁を乗り越えると「何かから解放された」気分になると、良く聞きます。

私の場合は水と紙の両方を使っていました。
つまり、インド式にお尻を洗った後に、トイレットペーパーでサッと水を拭き取る感じです。
どうしても濡れたままのお尻でパンツを履くと、雑菌が繁殖しそうで(笑)気持ち悪いので、水分は拭き取っていました。
でも、通常の紙だけを使う時に比べてトイレットペーパーの量が少なくて済むので経済的です。
ただし、紙が流せなそう&捨てる場所もなさそうな時は水オンリーで済ませてました。

他の旅行者の人たちはどうしてるのかなぁ〜と思って、よく「トイレってどうやって拭いてます?」って聞いてましたが。
私と同じく水荒い&紙も使う派が1番多かったです!!

その次は、やっぱり紙だけで拭く派でしたね。
どうしても手で洗う事に抵抗がある人もいますからね。

ただ、長旅になればなるほど下痢になったり、汚いトイレを利用したりする機会は増えて行くので、早めに「インド式」に慣れておくのが楽です。
そしてトイレットペーパー?何それ??派になれれば立派なインド通。
次は「※連れ野グソ」の壁を越えるだけです。

※なぜかインド人たちは河原や草むらで「連れション」ならぬ「連れ野ション(又は連れ野グソ)」をしているのを頻繁に見かけます。

sponsored link