ダニには刺されやすい人と刺されにくい人がいるようです。
私は刺されやすい人みたいです。
リシケシではキレイな宿に泊まっていたのに、刺されまくりました。

ダニはなかなか死なない

同じ宿・同じ部屋でも刺されている人と、全く無傷な人がいたので、これはもう運なのかな。
宿のスタッフが一応マットレスを日干ししてくれたりしましたが、ダニって中々死なないんですね〜・・
まぁ、南京虫ではないので、そこまで見た目&痒みは酷くないのですが、日に日にダニの痕が増えていきました。
特に太ももやお腹などの柔らかい部分からやられていきます。

蚊に刺された場合の痒みはすぐにおさまりますが、ダニは何度もぶり返してきます。
この痒みを少しでも和らげようと思って、インドの塗り薬を買いました。

sponsored link

インドの万能薬カイラスジーバン

カイラスジーバン
90ルピーでした。

それが、これ。
インド版のオロナインと言われている(?)カイラスジーバンっていう軟膏です。
アーユルヴェーダ処方で、なんと内服もできるんだとか・・
でも、私はこれを口に入れるのは無理だなぁ〜
アーユルヴェーダっぽい独特なニオイがします。

カイラスジーバンのパッケージの図柄によると虫刺されにも効くっぽい。
(カイラスジーバンに含まれている樟脳にはわずかに局部麻酔のような働きがあるらしいから、それかな?)

けど、ナチュラルな薬だけあって、やっぱり効き目は超穏やかです(^^;)
それでも塗らないよりはマシなので毎日塗りたくってました。

ダニは日干ししても死なないらしい

ダニをどうにかしようと色々調べましたが、どうやら普通に日干ししても死なない様です。
なんと水洗いしても、洗剤で洗っても死なないんだそうです。

一応持っている服等は熱湯に30分くらい浸けて洗濯しました。
洗える物なら熱湯につけ置きが1番効くらしいです。

ただ、マットレスとかは洗うのは無理なんで、日干しした上に何か敷物等を敷いて寝る様にしました。
こうして、こまめに熱湯浸け置きをするようにしてダニ被害を抑えていました。
あと、痒いのもそのうち慣れてきました。
慣れって凄いな。

sponsored link