ハッピーバレー農園

ダージリンといえばダージリンティということで、紅茶農園の工場見学へ行って来た。

ハッピーバレーエステート

ハッピーバレーエステートという工場では無料でガイドが工場の説明をしてくれた。
紅茶、烏龍茶、緑茶、ホワイトティーの作り方の違い等を聞き、最後に紅茶を買ってね的な雰囲気になる。
買おうと思ってたんだけど、テイスティングの準備に時間がかかると言われたので、その間に工場の近くにある、「ハッピーゴールデンカフェ」というお店へ行く・・。

ダージリンのhappygoldencafe

「ダージリンティーが1杯たったの25ルピーよ」
という怪しい日本語で声を掛けてくるおばちゃん。
実はこの店は工場よりも安い値段で紅茶を買えるということで有名らしくて、日本語を話す怪しいおばちゃんは名物みたい。

あ、ここで茶葉を売っていることは秘密だそうです。
工場にバレるとダメらしい。
でも、紅茶畑のすぐ隣で売ってるのでバレバレだと思う。

gobyocha

ここで5秒茶(ネーミングがうまい)というの、たったの5秒で出来上がる最上級の紅茶を入れてもらった。
5秒っていうか、実際は2.5秒くらい。
あっという間に色が出て、しかもこの茶葉からは3回とれるらしい。

ダージリンの5秒茶

日に当たると黄金色に見える5秒茶は、天然の甘みがあって凄く美味しい。
思ったよりも美味しかったのと、おばちゃんの営業力もあり、ついつい2パックほど購入してしまった。
100gでRp.300だけど、日本人は特別とかいってかなりの増量をしてくれた。
紅茶の値段の相場がわからないので、高いんだか安いんだかわかんないけど・・商売上手なおばちゃんです。
あ、確かに工場よりは安かったです。

sponsored link

チャイの茶葉

ダージリン茶葉
茶葉の値段はホールが1番高い。左から値段の高い順。

そういえば、チャイってどんな茶葉を使ってるの??

と、気になって質問してみた所・・
チャイの茶葉は、茶葉のカスを丸めたもの・・で、使うのはアッサム茶葉らしい。
味や香りは無く、色をつける為だけのものと言っていた。
チャイの茶葉の相場は1キロでRp.200くらいからとのこと。
安いな〜・・
ダージリン茶をチャイにして飲むことは無いと言ってました。
ミルクを入れたいなら茶葉をミルクで煮込まずに、ミルクと砂糖は別にして最後に入れるとのこと。
ようするに、ダージリンティは普通のミルクティーとして飲めということらしい。

▶︎5.ダージリンの安宿へ進む

sponsored link