シッキム州に行くには入域許可証を取らなくてはならない。
ということで、地球の歩き方に書いてある通りにまずは「外国人登録事務所(Foreigher’s Registration Office)」へ向かった。

ダージリンの外国人登録事務所

for

場所は時計台のすぐ近く、State Bank of Indiaの斜め前くらいにある。

ここで申請書を記入していたら、事務所の人に「ちょっと!君はどこの国の人??」と聞かれ「日本ですけど・・」と答えると「あ、ならOK」と言われた。
シッキム州に入れない国の人に間違われたのかな??どこの国の人に見えたの??

申請書に記入してチェックしてもらったら、次は申請書を持って「地方行政事務所(Office of the District Magistrate)」へ行って申請しなければならない。

1カ所でやってくれれば楽なんだけどなぁ・・

sponsored link

ダージリンの地方行政事務所

odm

「地方行政事務所」は乗合ジープスタンドを越えて、メインロードをずっと歩いて行くと左側に見えてきました。

シッキム州の入域許可証

奥の白い建物の二階にのぼって行きます。

シッキム州の入域許可証
シッキムパーミットの看板

ここで申請用紙を提出すれば、5分程度で入域許可証が貰えます!!
そういえば、顔写真やらパスポートのコピーの提出は一切必要なかったです。

せっかく顔写真をたくさん日本から持ってきてたんだけど・・時期によって変わるのかな?
宿でも顔写真の提出は求められませんでした。(宿の人が最近必要なくなったって言ってた。)

二度手間

パーミッション

これでシッキム州に入域できる!!

と、思ったら・・

あ、あ、あれれ??

っあーーーー!!日付が間違ってる〜〜〜

入域する日付を指定しなければならないんだけど、私の指定したのは「10/22からの15日間・・」なのに、貰った許可証には「11/5からの15日間・・」・・・。

間違ってる・・。もしかして、私が日付を書き間違えた??
いやいやいや「外国人登録事務所」のオジサンと一緒にカレンダーを見ながら記入したから間違えるわけない・・。
いずれにしても、もう一度「地方行政事務所」まで行ってこないと・・トホホ。←日付ミスに気づいたのは宿に帰ってから

次の日もう一度「地方行政事務所」に行ったら速攻で日付を直してくれました。
ということで、書類関係はその場で確認するようにしましょう(自分へ)。

▶︎4.ダージリンの紅茶へ進む

sponsored link