kalimpong

ダージリンからカリンポンに行くには、やっぱり乗合ジープです。

ダージリンの乗合ジープスタンド

カリンポン行きの乗合ジープ売り場は、人に聞かないと分からない様な薄暗い所にあった。
チケットを買い、いつものように人数が集まって来たら出発した。
前回、日本の酔い止めを飲んだら1日中ダルくてやる気が出なくなったので、今回は飲まずに行ってみる事にした。
万が一、気持ち悪くなっても「酔ってからでも効果あり」と薬の説明書にも書いてあったので。

しかし、心配無用だった。
まったく車酔いする気配がなかった。
もしかして私は車酔いしないんじゃないのか??
たまたまフィリピンで乗ったバスの隣の席の人が香水がキツすぎて気持ち悪くなっただけで、それ以外に乗り物酔いになった記憶がない。
フィリピンのバス以降は事前にバッチリ酔い止めを飲む様になったのだが、もしかして不要だったのかもしれない・・。
とにかく、車の揺れを楽しめるくらい余裕だった。

カリンポンではジープスタンドの周辺に安宿があると聞いていたので適当に探して泊まろうと思ったんだけど、何だか雰囲気が良くなかったので地球の歩き方に載っている「デキ・ロッジ」まで行く事にした。
歩き方には「タクシーに乗って〜」とか書いてあったけど、歩いても全然近い距離にあった。

sponsored link

カリンポンの宿はデキ・ロッジ

デキロッジの部屋

シングルルームが空いていなくてRp.600の3人部屋に泊まる事になったが、この宿のオーナーは穏やかな感じで好感が持てた。

カリンポンの宿デキロッヂの食事

ここのエッグカレー&野菜炒めは凄く美味しかった。特に野菜炒めがうまい!!

カリンポンはダージリンよりも温かくて過ごしやすかったが、正直つまらなかった。
観光地ではないので、食事をする場所もあまりないし、カフェも無い。
だけど車の通りだけは結構多い。
なのでカリンポンに滞在中は、ほとんど宿から出なかった。

▶︎07.カリンポンからシッキム州(ガントク)へ移動へ移動へ進む

sponsored link