カリンポンのジープスタンドで、ガントク行きの乗合ジープを見つけたが、ランポまでしか乗せられないと言われる。
地球の歩き方には「ランポで入域許可証を取る場合、乗合ジープはランポまでしか乗せてくれないことがある」と書かれているが、私は既に入域許可証を持っている。
なのに、ランポまでしか乗せてくれないらしい。

どうやら運転手が面倒くさがってそう言っているみたいだが、ダメなもんはダメなので仕方なくランポまで乗って行く事にした。料金はRp.100。
(朝の7時半出発のバスもあったのだが、そっちにしておけばガントクまで行けたみたいだ。)

シッキム州へ

ランポのチェックポストでパスポートと入域許可証を提出して手続きをする事だいたい3~5分程度。
さっきの乗合ジープ・・3分くらい待ってくれたっていいじゃん!と思いながら、新たにガントクまでのジープを探す。
しかし、ガントク行きが中々見つからず、たまたま止まっていたバスがあったので聞いてみるとガントクへ行くと言うので乗せてもらった。
このバスが立ち乗りもいるほどの満員バスだったんだけど、私は特等席(?)の運転手の隣のギアの後ろにマットレスを引いた上に正座して乗せてもらった。
バスはジープみたいにスピードを出さないから、荒い運転が怖い私には丁度良かったし、真ん前の席だったので眺め最高!!料金はRp.50。

mgmarg

そんなこんなでガントクに到着!

sponsored link

ガントクという街

ガントクと言う街は何てゆうか・・ダージリンよりもハイソな避暑地って感じです。
たまたま到着した日がインドのお祭り「ダシェラー」だったからか、金持ちそうなインド人の家族連れで賑わっていた。

とりあえず、メインのMGマールグという道に出ると「モダンセントラルロッジ」という安宿を見つけたので、部屋を見せてもらおうとしたが満室で断られた。
「ニューモダンセントラル」に行ってみろと言われたので、そっちに行ってみたら部屋は空いていたが、ちょっと暗くて居心地悪そう・・
どうしようかな〜・・と迷っていたら、部屋を案内してくれた女の子(なんと16歳^^;)が「私の部屋に泊まる?そしたらタダだよ」と言ってくれたが、急過ぎで警戒してしまった。
結局、ベランダ付きのRp.600の部屋に2泊だけさせてもらうことにした。(一番安い部屋でRp.350の共同バスルームの部屋があったが、窓がなくて暗そうなので)
本当は1週間くらいガントクに滞在する予定だったが、どうも街の感じといい宿の感じといい気分が乗らない。どうしようかな〜

パスポートと入域許可証のコピーが必要だから取ってこいと言われたので、ご飯を食べるついでにコピーを取ってきた。
そして、コピーを持って宿に戻ると・・・さっきの16歳の女の子とは別の宿のオーナーが居て、な、なんと私の部屋は既に予約が入っていて泊まれないと言われた。
なんでも今日からダシェラで祝日になるから、どこのホテルも満室なんだそうだ。
で、空いている部屋はRp.400の窓のない暗い部屋(一応トイレはついてる)だけ。

ニューモダンセントラルの部屋

ちょっと、他の宿も探してみたいというと「こっちのミスだし全然OK。」と言われたので、バックパックを預かってもらって、周辺の安宿に部屋を探しに行く。
しかし、言われた通りどこのホテルも満室!!
やっぱり、ニューモダンセントラルの暗い部屋しか無いか・・2泊だけだし我慢しよう・・と、思っていた所にさっきの16歳の女の子(名前はアヌー)と偶然に再開!
これから友達と一緒にマーケットに行くらしい。
一緒に行かないか?と言われるが、ホテルを探していると言うと、帰りに一緒に探してあげるから遊ぼう!と言われ、ついつい流れに乗って遊びに行く事になってしまった。
アヌーのお友達たちも17歳〜20代くらいの男女で、年齢的には完全に親子くらい離れてるのに一緒にアイスクリームを食べたりして遊んだ。

いきなり殴り合いのケンカが始まる

泊まる部屋も決まって無いのに、いきなりローカルのそれもティーンエイジャーに混ざって遊んでいて良いのだろうか・・
さすがに部屋が心配なので「ちょっとやっぱりホテル探すわ」と言うと「私の部屋に泊まればいいじゃん!」と再度言われて、こんな機会滅多に無いしそうしようかな・・と思ってしまった。

ということで彼女の部屋に泊まることになったので、そのままマーケットの屋上へ出てガントクの街を眺めたり・・

gantok

すると・・なんとも悪そうなガキ共が私たちと一緒にいた男の子に絡んで来て、一気に殴り合いのケンカに発展!!
え??え??
私はさっぱり状況がつかめずにオロオロしていたが、どうやら屋上にいた悪ガキ共はガンジャだか何のドラッグだかを吸っていて、ちょっとおかしかったらしい。
私も一応いい大人なので間に入って止めようとしたんだけど、まったく相手にされず殴り合い・・←止めに入ったといっても、怖かったのでかなりのへっぴり腰で役に立っていなかった
あ〜もう、私は一体何をしてるんだ??

途中でポリスが来ると双方大人しくなり、そそくさと退散した。
でも、いまだに何で殴り合いのケンカになったのか不明。
それにしても、殴ってきたガキ共は絵に描いた様な悪ガキだったなぁ〜。

地元のティーンエイジャーとカラオケへ行く

気を取り直して、私たちはローカルのバーに行った。
てゆうか・・16歳が酒を飲んでいいのか???
私はしばらく酒を飲んでいなかったが、付き合いで少しだけいただいた。
久々に飲むと身体中に染みます・・うまいけどキツい!!

そこにはカラオケもあったが、当然私の知ってる曲なんてないので「ヒンディーの有名な曲歌ってよ!」と彼らにリクエストして歌ってもらったりした。
そんなこんなで日は暮れて行き・・そろそろ戻る事になった。

私の預けたままの荷物は大丈夫かしら・・?てゆうか、本当にアヌーの部屋に泊まれるのか??
急に心配になってきたが、アヌーは「全然大丈夫だよ!!」と言うけど・・。

そして、宿に戻るとオーナーはご立腹&スタッフの部屋に泊まれるわけないだろ!とアヌーに怒鳴っている。←ローカルの言葉だったから分かんないけど多分そんなことを言っていたと思う。
お友達ともども奥の方の部屋へ行き、ギャーギャーと揉めている。

あ〜・・これ・・かなりヤバいな・・日も暮れてきちゃったし、部屋無かったら他のホテルも厳しいよな〜・・

と1人でオロオロしていると、別の宿のスタッフが来て「心配しなくていいよ、多分大丈夫だから」と言いに来てまた奥へ入って行く・・
そして、ギャーギャー揉めている声・・

その間にイギリス人の宿泊客が来て私をスタッフと間違えて観光案内を訪ねて来たが「私も旅行者です」と答えると「え?そうなの??じゃ、何でおでこにそれ付けてんの?」と私のおでこに付いた色付きの米を指した。

ガントクで若者と遊ぶ

私は昼間にアヌー達と寺に行ってオデコに色付きの米を付けてもらっていたのだ。
この米を付けているせいか、そもそも私の顔がシッキム人に見えるのか、誰もが私の事を現地人だと思うようだ。

結局オーナーがRp.400の部屋に泊まれと言うので、そのまま泊まる事になった。
しかし、何と言うか・・臭い部屋だった。

▶︎08.揉め事にうんざりして、ガントクを逃げ出すへ移動へ進む

sponsored link