ダージリンでは合計4つの宿に泊まってみました。

Hotel Prestige (ホテルプレステージ)

最初に泊まったのが地球の歩き方にも載っている「Prestige」のRp.500の部屋。
シングルルーム(Rp.350)は開いていないが多分明日には空くので、他の宿で1泊するかダブルの部屋(Rp.500)に1泊してシングルが空いたら移動するか決めてと言われた。
結局見せてもらったダブルの部屋がキレイだったのでRp.500で1週間滞在することにした。

prestige
すぐに部屋を散らかす・・

日本人宿かと思ってたんだけど違かった。
元々は日本人の女性が経営してたようだけど、現在は別ホテルの方にいるらしく日本人宿ではない。
てゆうか日本人宿の定義ってなんだ??

レセプションの椿鬼奴の声のおばちゃんは、そこそこ感じが良い。
上の階の子供がドタバタとうるさい事もあるが、インドではよくある事なので(かなりうるさかったけど)気にしない様にした。

この宿の良い所は立地。

スタッフは普通。部屋はキレイ。ホットシャワーOK。wi-fiは遅いけど部屋で繋がる。

sponsored link

Hotel Aliment(ホテルアリメント)

ペリンの宿「カブール」のオーナーの紹介で泊まったホテル。

1番安い部屋でRp.600と言われたが・・その部屋はキレイなんだけど、窓もなくホットシャワーもなく狭かった。
次にRp.800の部屋を見せてもらったらキレイだし、ホットシャワー付きだし良いんだけど・・・高い!!
って言ったらRp.600にしてくれたので2泊だけした。

aliment
ベッドの他に机などもあって割と広い

ちょっと眺めと言うか、日当りが悪いのが気になる。
wi-fiも部屋で使えなかったのはマイナスポイント。
ただ、オーナーのインド人ラビさんはかなり親切で良い人だった。
ノリがこの辺の人と違って典型的なインド人だな〜と思ったらデリー出身らしい。
ホントに良い人でミルクコーヒーを入れてくれたり、部屋が暗いといったら新しい電球をぶら下げてくれたりした。

しかし、Rp.600でも私には高いので、ロングアイランドのRp.350の部屋に移る事にした。
その事を告げると「良いよ!こっちもRp.350にするよ〜」と言ってくれたが、やっぱりもう少し明るい部屋が良かったので断った。

上の階にあるレストランはwi-fiも使えて、居心地が良いので長居してしまう。
ここの名物チベタンブレッドは確かに美味い!!!

tibetanbread

この他にも日本食(風)があって、そこそこ美味しい。
親子丼を頼んだら雑炊に鶏肉が乗っている物が出て来たけど・・味はおいしかった。

宿を変えてもレストランには通って来てしまった。

この宿の良い所はラビさんとチベタンブレッド。

スタッフは超感じ良い。部屋は普通だけど布団が少し臭かった。ホットシャワーOKでとてもお湯の勢いが良い。wi-fiは繋がらない(レストラン内のみ可)。

Ling Island(ロングアイランド)

この宿も地球の歩き方に載っているのだが、ネットでの評判がイマイチなので迷った。
何でも宿のオーナーがケチだとかお金に細かいだとか・・

前に部屋だけ見せてもらいに行った事があり、その時は若い女性従業員に一番安いシェアバスルームの部屋でRp.350と言われた。
しかし、今回はオーナーが居て同じ部屋をRp.400と言って来た。
「2週間前はRp.350って言われたよ」と言うと「その部屋は予約されてる」とか言われた。
私が見たのは同じ部屋なんだけど・・
しかしそれ以上の文句を言わず、とりあえず泊まってみる事にした。

longisland

実際に荷物を持って行ってみると、今度は奥さんが対応してくれてRp.350の部屋が空いたと言うのでそっちに泊まる事にした。
眺めが良い事が売りのホテルだが、今回案内されたRp.350の部屋は眺め良くないです。一応窓はあるけど。
あと、トイレが和式(?)。私はむしろお尻が冷たくならないので和式の方が良い。

レストランは朝だけトーストやオムレツを頼めるらしいが、私は一度も利用しなかった。
日本語の本があるのは良い。

この宿の良い所は安さ
スタッフは評判ほど悪くないというか、むしろ良かった。部屋は普通。安い部屋はホットシャワー無し(言えば外のホットシャワーを使わせてくれる)。wi-fiはレセプションのみ。

Hotel TRANQUILITY(トランキリティ)

この宿も地球の歩き方に載っていて私にはちょっと高めだったけど、最後くらい眺めの良いキレイな部屋に行ってみようと思い泊まってみた。
シングルでRp.700だったが、部屋からの眺めが超キレイだったので、それ以上の価値があったように思う。

tranquirity

部屋はそんなに広くないけど、非常に清潔だった。
屋上もあって洗濯物を干したり、イスに座ってぼんやりとヒマラヤを眺めたり・・
とにかくダージリンで泊まった4つの宿の中では1番快適でした。

レストランはなし。

地球の歩き方に載っている宿の良い所は「日本語の本がある」ってとこです。
お金は無いけど、時間だけはたくさんある私にとって日本語の小説があるのは非常にありがたい。
ここの宿でも3冊ほど小説を借りて読みました。

この宿の良い所は「眺め」←これは大きい
スタッフは感じ良い。部屋はキレイ。ホットシャワーOK。wi-fiは共有スペースのみ。

▶︎06.ダージリンからカリンポンへ移動へ進む

sponsored link