2015年7月10日(金)

インドの犬

この日も朝からジトジトと雨が降っていた。
友達たちがお土産を買いたいと言うので、まずはカーンマーケットというちょっと高級な場所へ行った。

カーンマーケット

カーンマーケット
雰囲気は韓国のホンデに似ている気がする。レンガ作りの感じが似てるのかな??

ここで2人は可愛いインド刺繍のバッグやパシュミナ、高級インドコスメ(KHAMA)、サドゥの写真集(!?)などを購入。

サドゥの写真集

友人Bが、何故サドゥの写真集などを購入したのかは謎だが(しかも2冊)、結構な値段だった。
化粧品は私もかなり欲しくなったが、今買ったら荷物が重くなるだけなので我慢、我慢。
でも、凄く高品質な物がお手頃な値段で売られていた。
4ヶ月後に買って帰ろう・・。

sponsored link

初めてのアーユルヴェーダ体験

午後からは日本のガイドブック(arucoだっけな?)に載っているアーユルヴェーダのお店に行った。
私はこれが初のアーユルヴェーダ体験だった。
シロダーラが気になったが(おでこに油をたらすやつ)、値段が60分3000ルピーだったので迷った。
インドで6千円を使うのは勇気がいる。
私はこのあと4ヶ月はインドに滞在するので、今は少しでもお金を節約しておきたかった。
ということで、1500ルピーくらいのシロアビヤンガというヘッドマッサージにしてもらうことにした。

アーユルヴェーダサロン

施術の前にドクターが問診をしてくれる。
これで私のドゥーシャとかがわかるのかしら??とワクワクしながら診察を受けた。

最初に脈を測られて、体の悪い所や家族の病歴などを気かれた。
しかし、ドゥーシャを教えてくれるような事は一切無く・・
「あなたはアビヤンガ(全身マッサージ)を受けなさい」
とだけ言われた。

「え、いや、ヘッドマッサージが良いんですけど・・」
と言うと、

「いや、ダメだ。あなたにはアビヤンガだ。」

「え〜〜ヘッドマッサージをして欲しいんですぅ!!」
と食い下がると、

「じゃあ、シロダーラにしなさい。」
と言われる。

ということで、当初の予定の2倍のお値段のシロダーラになってしまった。
ちなみに、友人Bも希望の施術の倍くらいの施術になった。
元から高い施術を選んでいた友人Sは希望が通った。

なんなんだこれは・・。
もしかしてドクターは、医者っていうよりも高いコースへの誘導係なのか・・!?
コースの決定以外は特に診断結果とか言われなかったし。

アーユルヴェーダ

ということでクレジットカードでシロダーラ料金を支払い、人生初のアーユルヴェーダ体験開始。
担当してくれたのは、これまた若〜い女の子で・・未成年なんじゃないかな。

そして薄暗い部屋のベッドに横たわって、おでこにオイルを垂らされる。

テロテロテロテロ〜・・

オイルが垂らされると、ぞわぞわっとした。

これが1時間続くのかっ!?我慢出来ないかもしれない・・

と最初は思ったが、だんだんと感覚が麻痺して来て一瞬眠りに落ちた。
他の人もだいたいそんな感じみたいです。
最初は変な感じだけど、だんだん慣れて来て気づいたら眠ってる。

だけど、私はすぐに意識を取り戻し、またぞわぞわぞわっの感覚に耐える。
その後は何故か全然テロテロテロ〜に慣れなくて、ひたすら鳥肌をたてながら耐えた。
合う人には合うと思うんだけど、私にはシロダーラは合わなかった・・というよりも地獄体験で、60分3000ルピーの拷問を受けた様な感じです。

終わった時は本当にホッとした。
でも、1度は体験しておきたかったので良い経験だった。
うん。そう思おう。

最後は油まみれの髪の毛を洗ってもらって終了。
しかし、2度洗いしても頭のオイルは完全に落ちない。
友人2人も脂ぎってテカテカの頭で戻って来た。

アーユルヴェーダ的にはこのオイルは成分が少しずつ浸透するので洗い流さない方が良いそうです。
でも、日本人的にはテカテカした頭ってどうしても気になっちゃうなぁ。

この日の出費

朝ご飯(Vivekの屋上でSpanish breakfast) Rp.150
メトロ(カーンマーケットまで)Rp.12
オートリキシャ1人Rp.40
バスチケット(リシケシ行き)Rp.800←手数料Rp.100
インドパンツ Rp.200
夜ご飯(カレーとチャパティとサラダ) Rp.80
屋台のチャイ Rp.10
メトロ(green parkまで) Rp.16
アーユルヴェーダ(シロダーラ) Rp.3000

Total Rp.4308(約8,616円)

※Rp.1=2円で計算しています。

インド旅行4日目へ進む

sponsored link