2015年7月9日(木)

早朝のメインロード

早い時間の列車に乗る為に、早朝のメインバザールを歩いていると牛が野良犬に追いかけられていた。平和だなぁ。

列車でアグラーへ

アグラー行きの列車は、私が今までインドで乗ったどの列車よりも豪華だった。
フカフカのリクライニングできるイスに、チャイやミネラルウォーター、食事などもついている。
しかし何よりも凄いと感じたのは車内が超静かなことだ。

インドの鉄道と言えば、席の数以上に乗っているインド人たちと、あちこちから聞こえて来る大音量のインド音楽やインド人たちの談笑。
そして、透視されてるんじゃないかと思うくらいにジロジロ見てくる視線。

それが、この列車内には無い。
新幹線の車内並みの静けさと、外国人(私たちの事)への無関心さ。
隣の席のビジネスマン風のオッサンも、私に話しかけて来たりせず新聞を読んで静かに座っている。

なんて居心地が良いんだ!!さすが高いチケット!!
快適さはお金で買えるって本当だったんですね!!

インドの鉄道のチャイ

ちなみに、途中で配られたチャイは「お湯とティーバッグと砂糖と粉ミルク」で自分で作る物でした。
隣のオッサンが作るのを見ていたら、先に砂糖と粉ミルクをコップに入れてお湯で溶かし、その後にティーバッグを入れていた。
これが本場の作り方なのか(?)と思い私も真似をして作ってみた。普通に美味しかったです。

そんな快適列車であっという間にアグラー駅に到着。

sponsored link

アグラーからタージマハールへはオートリキシャで

自称ナカムラのインド人
自称:ナカムラ

タージマハールへ行くには駅前のオートリキシャで行くのですが、値段が決まっていて先にチケットを買うという安心システムでした。

しかし・・

運転手はとっても陽気なインド人で、日本語を少しずつしゃべってきた。
そして、自分には日本の名前もあるといい「ナカムラです」と名乗った。

怪しい・・

私は日本語をしゃべるインド人は信用してはいけないと思っていたので、あまり話はしなかった。
ナカムラも「職業は?」と聞いてきて「ノージョブ」と答えてからの私には興味が無い様だった。
友達たちはナカムラと普通に話していた。
話している途中で「これを見てくれ」とノートを渡して来た。

キターーー(゚∀゚)

コレ系のノートを出して来る時は何かしらの目的がある。
だいたいはツアーを組ませるとか。
ナカムラも同じだった。

ノートには日本語で「ナカムラさんは本当に良い人!最初は怪しいと思ったけど〜〜なんやらかんやら」みたいなコレ系のノートにありがちなメッセージが書かれている。
そして、3人がノートを読んだあたりで「タージマハール以外も観光できるから、1日チャーターしないか?」と言って来た。
これが、目的だったみたい。

あー面倒くさ・・

「タージマハールの入り口までで大丈夫です」と言ったら、「とりあえず話を聞いてくれ」と言われて、タージマハールの見えない所にある変な駐車場(空き地?)で止められた。
そこで観光マップみたいなのを見せられて長々と説明をされた。
しかし勿論1日チャーターは断った。

すると・・

「OK..タージマハールの門はすぐそこだよ。」

と言われて、その場で降ろされた。

ここはどこ・・?

後で歩き回ってわかったが、下ろされた場所は東門と南門のちょうど真ん中くらいだった。
道を聞きながら20分くらい歩いて、どうにか東門までたどり着きタージマハールへ・・

ということで、アグラーのナカムラには要注意

チケット売り場は遠い

さあ、さっさとタージマハールを見学しよう!と思ったら、入口ではチケットが売られていない。

「チケット売り場はどこ?」
と、聞くと

「ここから1キロくらい」
と言われて、歩いて来た方を指された。

ぐえええ・・

チケット売り場が、そんなに離れてるなんてビックリだが、来た方にチケット売り場があったなんて!!
しかし、行くしかないので来た方へ戻って歩き出した。
けれども、チケット売り場なんてありそうも無い。

そこで、再度「チケット売り場はどこ?」
と、聞くと真逆を指された。(つまり東門の方)

ぐぇええぇええ・・

そうだった。
ここはインドだった。
インド人に道を聞くなら最低3人には聞かないとダメなんだ。
てゆうか、それでも怪しいんだけど。

タージマハル料金
インド人は510ルピーで外国人は750ルピーです。このくらいの差額なら不満はありません。

そんなこんなで、どうにかシルプグラームというチケット売り場に辿り着いた。
(あとで調べたら確かに逆方向にもチケット売り場はあった様です)

タージマハールで色々と没収される

チケットを手に入れて、これでやっとタージマハールに入れる!!
と思ったら入り口の荷物検査で引っかかった。

まず、お菓子はすべて没収。
私たちは行きの飛行機で貰ったお菓子を持って来ていたのだが、それらはすべて没収された。
そして、私はボールペンと手帳を没収。

そうか、だからチケット売り場の隣に荷物を預ける所があったのか・・。

お菓子やボールペンはまだしも、手帳を没収される理由がよく分かんないので、
「これはどうして没収なの?」
と聞いても、

特に理由は無いようで、
「ん〜・・NO!」
しか言ってくれない。

「出る時に返してもらえるんですよね?」
と聞いても、

「NO!!」
と言われる。

え〜それはちょっと困るなぁ・・
仕方が無いので、私は一度外に出て手帳をその辺に隠す事にした。

しかし中々隠し場所が見つからない。
というよりも、インド人の目線が気になって隠せない。
人があんまりいない小道に行っても、遠くからの目線を感じるので、不振な動きができない。
かなり歩いてどうにか岩の下に手帳を隠せた。

と、思ったら遠くの方の視線に気づいた。
凄く遠くの方から見られていたのだ。
ちょっと心配だったけど、友達を待たせるのも悪いのでタージマハールに戻る事にして歩き出した。
しかし、気になって後ろを一瞬振り返ってみると・・
私が手帳を隠した辺りに二人のインド人が集まって来て、石を動かし始めた。

っあーーー!!!

「ス、スッ、ストップ、プリーズ!!」と叫びながら急いで駆け戻る。
そして、事情を説明して「こっちのボールペンはあげるから手帳はこのまま隠しといて!!」と頼む。
さらに何の価値も無いものだということをわかってもらおうと思い、手帳の中身を見せてみた。
すると、くだらない落書きだらけの中身を見て二人は笑った。

「OK.OK.」
と言っているので、きっと隠しておいてくれるだろう・・。

でも念のために記念撮影をしておいた。
万が一無くなっていた時に「このインド人知りませんか?」と聞きまわれる様に・・。

インド人兄ちゃんと記念写真
証拠写真

※手帳は無事に回収出来ました。
今考えると、そこまでして確保しておきたい手帳でもなかったんだけども・・

やっとタージマハール観光

タージマハル

そして、やっとのことでタージマハールの中に入れた!!
感想は・・ははは、普通。
あんまり観光に興味ないのでこれが凄いのか凄くないのか良く分からない。
つまらない人間ですみません。

タージマハル

タージマハル

途中から雨が降って来たりもしたけど、それなりに楽しみました。
しかし、想像以上に早く見終わってしまった。

その後はアグラ城へ行くわけでもなく、黒タージマハールへ行くわけでもなく、ただダラダラと時間を潰した。
アグラーには時間をつぶす場所が意外と少なくてこまった。

インド人の距離感
南門まで行って、ただ座ってボーッとしたりしてたら、インド人たちが並んでいるのが見えた。
噂通りのインド人のパーソナルスペースの狭さだ。

夜ご飯は地球の歩き方にも乗っているタージ・ビューで食べた。
ここはサニヤ・パレスというホテルの屋上にあって、タージマハールの眺めが良い!!
個人的にはタージマハールの中に入るよりも、ここからタージを眺めながら飲み食いする方が楽しい。

タージマハルを見ながら食事

日が暮れて来た頃のタージマハールは綺麗だった。
夕焼けになっていれば、もっと綺麗だっただろうなぁ〜

そんな感じでタージマハール観光終了。

あ、帰りの電車を待っている時のアグラー駅のホームには、やたらと便所コオロギがいた。
あいつらかなり飛ぶ。友人Sは勢い良く顔にぶつかられてた。便コロ注意。

この日の出費

ドリンキングウォーター Rp.10
オートリキシャ(タージまで) 1人Rp.40
タージマハール入場料 Rp.750
乗り合いの車(チケット売り場から門まで) Rp.10
昼ご飯(ライムソーダとフライドライス) Rp.390
カフェ(アイスコーヒー) Rp.50
オートリキシャ(レストランまで) 1人Rp.20
夜ご飯(スープヌードル80、マンゴジュース50、グリーンサラダ60、チョーメン100) Rp.290←食い過ぎた
オートリキシャ(アグラー駅まで) 1人Rp.50

Total Rp.1,615(約3,230円)

※Rp.1=2円で計算しています。

インド旅行3日目へ進む

sponsored link